ファスティング理論

こんにちは。美fit管理栄養士の湯浅です😊昨日の投稿のあと、数人から質問をいただきました。ファスティングに興味ある人がいなかったらどうしようと思ってたのでうれしかったです‼まだまだ質問受け付けています。ご遠慮無くどうぞ☺

栄養士 湯浅

それでは、今日はファスティングの理論について説明します。
専門的な話になると難しいので、できる限り簡単にわかりやすくお伝えしていきます。

まず、食べなきゃ痩せる、これは誰でも知っています。
そして、食べないで痩せることが不健康なことも知っていると思います。

無理なダイエットは、身体に負担がかかるし、ストレスもかかるし、続かないからリバウンドするし、痩せるというよりやつれるし、肌はカサカサになるし・・。

という感じで、食べないダイエットは栄養士の私も絶対すすめません。
じゃあなぜ、食べないダイエットのキングみたいなファスティングをすすめるのか?疑問が湧くと思います。

結論から言うと、健康目的のファスティングは、修行僧が行う水しか飲まない断食とは違い、サプリや酵素ドリンクなどで最低限の栄養を摂りながら安全に行うものです。

ですので、食べないダイエットは栄養不足になりますが、健康目的のファスティングは栄養不足になりません。
もちろん、完璧に栄養が摂取できるわけではありませんが、最低限の栄養は確保できます。

それができない水断食は絶対やらないほうがいいし、食べないダイエットも同じ理由でおすすめできないのです。
まず、そこを理解してください。

では、ファスティングがなぜ健康にいいのかを説明します😊

栄養士 湯浅

人間は食べたものを胃や腸などで消化吸収し、肝臓に運ばれた栄養を代謝させエネルギーに変換しています。
これがうまくバランスよく機能していれば問題ないのですが、食べ過ぎると、どうしても代謝が間に合わず脂肪として蓄積されたり、余った脂肪や糖などが血中に流れ出し血液が汚れたりします(血液ドロドロ状態)。

また、肝臓は食品添加物など、身体に不必要なものを解毒してくれるのですが、代謝が忙しいと解毒作用が滞り、身体に不必要なものも血中に流れ出てしまうのです。

ドロドロになったり不要物が混ざった血液が身体を巡れば当然不調になります。

  • なんかだるい
  • 疲れやすい
  • 慢性的な体の痛み
  • 免疫力の低下
  • 活力不足
  • うつっぽい

などの症状は血液の汚れが原因だったりします。

その汚れをろ過してくれるのが腎臓。
腎臓は血液をろ過し、尿として老廃物を体外に排泄してくれます。

しかし、現代人は食べすぎで、血液が汚れがちなので腎臓も疲れてきます。
すると、血液が汚れたままになってしまうのです。

さらに、現代人の糖質オーバーの食事は、膵臓にも負担をかけています。
糖質を摂ると血糖値が上がるので、それを下げるために膵臓からインスリンが放出されるのですが、現代人の食事は、3度の食事はもちろん、間食も糖質のオンパレード。

ですので、膵臓は絶えずインスリンを放出し続けなければいけません。
そりゃ膵臓も疲れますよね?で、気づいたら糖尿病なんてことも・・・。

それを解決するのがファスティング。

まず、簡単に言うと、食べ過ぎのときは、内蔵が絶えず働いていると思ってください。
常に食べるので
「あ~~もう、この人いつも食べてるから忙しくてやってられねぇよ😠」
と、まず、胃や腸が疲れてきます。

この状態がまず、身体の不調を生みます。
胃もたれ、胃酸過多、便秘や下痢、腸内環境悪化などですね。

でも、ファスティングすることで一時的に食べることを断つと、消化吸収の必要がなくなります。
そうすると、胃や腸を休めることができるので、
「あ~~最近働かなくていいからリフレッシュできて元気になってきたぞ🤩✌」
という状態になります。

同時に、他の臓器も大幅に仕事が減って楽になります。

まず肝臓。
肝臓は、消化吸収された栄養を代謝しますが、その他に解毒などの仕事もたくさんあって忙しいのに、あなたはついつい食べすぎて次から次へと肝臓の仕事を増やしています。

あなたの肝臓は
「ただでさえたくさん仕事があるのに、この人、いつも食べてばっかりで新たな仕事を増やしてばかり😖もう限界~~😭」
と、嘆いているでしょう。

ですが、ファスティングすれば、新たな栄養が運ばれてきませんから、新たな仕事をこなさなくても良くなります。

すると、あなたの肝臓は
「あれっ、最近新しい栄養が運ばれてこないぞ‼よし、これなら今やらなきゃいけないことを片付けられるね✌」
という感じでどんどん追いつかなかった仕事を片付けてくれます。

そうなれば、肝臓と密接な関係にある腎臓も楽です。
「最近肝臓さんから運ばれる血液がドロドロしてないから、ろ過するのも楽だわぁ~~😙」
という感じでどんどん血液をきれいにしてくれます。

さらに、膵臓も仕事が減ります。
「糖質が入ってこないからインスリンもいらないね。
最近疲れ気味でちょっとインスリンの分泌がユルユルになってきたからこの機会に休もうっと☺」
という感じで、膵臓も疲れが取れて機能回復します。

さらに忘れてはいけないのが、消化吸収のために絶えず使っていたエネルギーを代謝に回すことができること。
特に、その恩恵を受けるのが肝臓です。

消化器官の胃や腸は働く必要がなくなったので
「僕たちに必要だったエネルギー、今はいらないから、肝臓さん使っていいよ😊」
という状態です。

すると、肝臓の働きがパワーアップして、ますます血液がきれいになっていきます。
これがファスティングで健康になる簡単な仕組みです。

もちろん、肝心のダイエットにも効果抜群です❗☝

まず、今までどおり食べ物からエネルギーを作ることができなくなるので、別案として体の中の脂肪を分解してエネルギーに変えていくようになります。

また、ファスティング中は、摂取カロリー<消費カロリーですし、糖質も入ってこないのでインスリンの過剰分泌の心配もなし❗
つまり痩せます😊

まあ、このあたりは説明不要なくらいおわかりですよね。

気になる何キロ痩せるかですが、人にもよりますが、完全断食3日で2キロ前後。
ウェストが3センチ前後といったところ。

ただ、ファスティングのいいところは、正しく行うと筋肉を残し脂肪だけを減らせるので、数字以上に見た目が変わります。
さらに、美肌、便秘解消、肩こり解消、冷え性の改善などの効果も期待できるので一石何鳥❓ってくらいうれしい変化が期待できます。

残念ながら、現代人は食べ過ぎの人が多いようです。
食べ過ぎじゃなくても、加工食品、インスタント食品、コンビニ弁当やお惣菜、お菓子、化学調味料など、本来身体に不必要なものを取り入れている可能性が高く、健康に見えても血液が汚れているかもしれません。

まあ、確かに美味しいものを食べると幸せな気持ちになって止まらないのも分かりますが、その代償として、太ることと不健康になりやすいことを覚悟しないといけません。
かといって、美味しいものをガマンするのも難しいですよね?

そのためにもファスティングです。
定期的にファスティングすれば、美味しいものをいっぱい食べながら、食べ過ぎちゃった分をチャラにすることができます。

ですので、ぜひチャレンジしてみてください。
きっと驚くくらい身体に変化が出ると思いますよ😊✌

それと、ファスティングは意外とリバウンドしにくい一面もあります。
結局どのダイエット方法も、その習慣を続けないとリバウンドしてしまいます。

ですので、ずっと美ボディを保つためには、食生活の悪習慣をなくすことが必須です。
でも安心してください。
ファスティングは満腹中枢をリセットするのと、味覚を正常化させるので、どか食いや甘いものばっかり食べるなどを修正することもできるのです。

ですので、
「あれっ❗まさか⁉この私がこんなに少ない量で満足するなんて❓❓」
とか、

「最近、う~~っ❗アイスが食べたくておかしくなりそう😣アイスのことしか考えられないっっ‼ってことがないなぁ😀」
とか、

「そう言えばこの頃、薄味で十分おいしいし😊食べ物の嗜好も少し変わってきた気がする😊」
というように自然になっていきます。

こうなれば食べすぎなくなり、バランスのよい食生活に変わりますので健康的で太らなくなります。
そう、ファスティングを定期的に行うと、根本的な食生活の改善にもつながるんです。

食生活の悪習慣さえ改善すれば、痩せるだけじゃなく、いつまでも健康で若々しくいられます。
是非あなたもファスティングの習慣を身につけましょう❗

どうでしょうか?ファステイングの良さが少しでも伝わったらうれしいです。明日は、実践編として自分でできるプチ断食の方法をお伝えします。ダイエットにも効果的なのでお楽しみに☺

栄養士 湯浅

ファスティングについてご質問があればお答えします。このままメッセージを下されば1:1トークで対応しますのでご遠慮無くどうぞ😊

栄養士 湯浅

Copyright© 岡崎市ダイエット専門CLUBビーフィット , 2019 All Rights Reserved.